事業案内Business

防水工事について 正しい診断と施工で大切な建物を守ります。
防水工事について

屋上や屋根、瓦などは、風雨や直射日光を受けやすく、建物の中でも特に劣化の早い箇所です。また、建物の外壁もヒビ割れやタイルの欠損などの経年劣化が起こるため、適切な補修をすることが重要です。
正しい診断と早めの防水工事を行い、大切な建物を守ることをお薦めいたします。梅雨時期の雨漏りや建物の老朽化を防ぐためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。


防水工事Waterproofing work

シート防水

建物に合わせて収縮する塩ビ系シート、ゴム系シートを用いた防水施工は、伸縮性のある素材を使用するため、優れた防水性能が期待できます。
シート状の素材を使用するため、繋ぎ目の部分が重なってしまったり、 防水シートの寿命によって防水効果が低下してしまうため、張替えや補修工事を忘れずに行いましょう。
Good edgeでは、絶縁工法や密着工法などの各種工法を状況に応じて使い分け、最適な施工を提案いたします。

シート防水

ウレタン・塗膜防水

ウレタン・塗膜防水

ウレタン・塗膜防水は、防水性能と美観に優れた、メリットの多い防水工事です。
建物の傷み具合に応じて簡単に施工でき、複雑な形状に沿って繋ぎ目がないウレタン防水層の塗膜を作ることが可能です。
トップコートの再塗装を5年周期で行えば、防水性能を15年以上保つことが可能です。
施工も比較的手軽で、コストパフォーマンスが非常に高い防水工事と言えます。


塗装工事Painter's work

塗装工事の目的は、建物の美観を綺麗に保つだけではありません。適切な施工を行えば、建物の保護や耐久性アップに役立ちます。
ただ塗り替えるだけでなく、新築の際の塗装や過去の塗り替えに使われた塗料を把握をすることで、塗り替えによる効果は飛躍的にアップします。
もともと塗られていた塗料の種類によっては重ね塗りが困難な場合もあるため、既存塗膜の除去を行うこともあります。
ただし、実際の建物は場所によって塗料の付着状態が異なり、既存塗膜の除去などの処理が不可能な場合もありますので、事前に適切な診断を行うことが重要です。

塗装工事

塗装工事

また、住宅の中でも特に気を付けたいのが、鉄部などの塗り替えです。
鉄部は錆が進行すると塗装できなくなる場合もあるため、5~6年周期でのメンテナンスをお薦めしています。
Good edgeでは、職人ごとの品質のバラツキをなるべく抑えられるよう、徹底した現場管理をしています。
塗装工事をご用命の際も、ぜひ株式会社Good edgeまでお問い合わせください。


タイル工事Tile works

タイルの張替えやリフォーム伴うタイル工事の際も、幅広い実績を持つGood edgeにご用命ください。
数ミリのモザイクタイルや、リフォーム用の調湿タイル等の各種タイル貼り、石貼り、大判タイルまで広範囲で対応いたします。
ワンストップの施工で、大幅な工期短縮と効率の良い工期の段取りが可能です。
リフォームやメンテナンスに最適な時期をご提案いたしますので、まずは現在のタイルの診断からご相談ください。

タイル工事

pagetop